ドラマ「のだめカンタービレ」DVD-BOX
楽天カード新規入会


千秋の世界

ユンロンの老婆餅

■ランチをおごってくれた千秋に、
せめてものお礼とユンロンがプレゼントした「老婆餅」(Lesson99)
ちなみに、ラオボービン、と読むのですが、
私はどうしても「ろうばもち」と言ってしまいます。

老婆餅とは、いったいどんなお菓子なんでしょうか?

老婆餅は、パイの皮に餡が包まれている素朴なお菓子です。

何とかばあさんが作って有名になった餅、
と勝手に想像していたんですが、違いました。

「老婆」というのは、中国語で「妻」という意味だそうです。

このお菓子の由来として、以下のような物語があります。


昔々、貧乏な夫婦がいました。
病気の親の薬代のため、
妻は自ら身売りをし、
男は餅売りを始めました。
その餅売りは大繁盛して、
数年後に奴隷になっていた妻を買い戻すことができ、
それから2人は幸せに暮らしたということです。


そうだったのか…

老婆餅って、なかなかつらいお菓子ですね。

この中国語のブログページで、老婆餅の写真が見られますよ。

老婆餅の作り方(中国語なのでさっぱりわかりませんが…)

タグ:老婆餅
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
ドラマのだめカンタービレ復活
昨年大好評のうちに幕を閉じたドラマ「のだめカンタービレ」(フジテレビ系)ですが、 2008年1月、2夜連続のスペシャルドラマとして復活するそうです。 情報としてはちょっと遅いけど、...
ブログ名ひだまりのかけら

のだめカンタービレ 17巻 (千秋の苦悩・・・)
千秋のマルレ・オケ、常任指揮者デビュー公演の演奏で、華々しく始まりました{%kirakira1_a%}17巻{%diacritic_a%}
ブログ名白ブタさん


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。