ドラマ「のだめカンタービレ」DVD-BOX
楽天カード新規入会


のだめ第22巻名曲

のだめがロンドンでシュトレーゼマンとの共演で衝撃のデビューを果たした最初の曲は?

■ショパンのピアノ協奏曲 第1番ホ短調op.11(Lesson127)


一時たりとも、一音たりとも聴き逃せないマルタ・アルゲリッチのピアノ演奏を収録した1998年録音盤。ここでは巧みなサポートに定評のあるデュトワの指揮に支えられ、若き日の熱情に加え、円熟期を迎えたことを示す懐の深さも持ち合わせた、彼女ならではのショパンの世界が堪能できます。
●レコード芸術推薦盤。英グラモフォン誌推薦盤。英クラシカル・ブリット・アウォード受賞。

マルタ・アルゲリッチ(p)/ショパン ピアノ協奏曲第1番 第2番
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125879508
この記事へのトラックバック
のだめカンタービレ22巻 のだめ衝撃のデビュー!
のだめカンタービレ22巻読みました。のだめカンタービレ21巻でファウストの悪魔よろしく手を差し伸べてきたシュトレーゼマン。そのシュトレーゼマンの指揮の下、オーケストラで独創的な演奏を披露して大喝采を浴..
ブログ名セ・ラ・ヴィ日記


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。