ドラマ「のだめカンタービレ」DVD-BOX
楽天カード新規入会


のだめカンタービレとロック

アニメ・エンディング・テーマ「こんなに近くで」



アニメ版のだめカンタービレのエンディング・テーマです。

近くにいる人に対する片想いを歌った切ない曲。

ちょっとのだめのイメージとは違いますが(のだめは千秋先輩にゴリゴリに迫っているから)・・・恋している人にとってははリアルな歌詞がぐっと来るのでは。

のだめカンタービレとロック

アニメ版主題歌 Allegro Cantabile

アニメの「のだめカンタービレ」のオープニング曲
スエミツ・アンド・ザ・スエミスの Allegro Cantabile。



疾走感に溢れた素敵な曲です!スエミツのピアノが本当にクール!

のだめ第22巻名曲

のだめがロンドンでシュトレーゼマンとの共演で衝撃のデビューを果たした最初の曲は?

■ショパンのピアノ協奏曲 第1番ホ短調op.11(Lesson127)


一時たりとも、一音たりとも聴き逃せないマルタ・アルゲリッチのピアノ演奏を収録した1998年録音盤。ここでは巧みなサポートに定評のあるデュトワの指揮に支えられ、若き日の熱情に加え、円熟期を迎えたことを示す懐の深さも持ち合わせた、彼女ならではのショパンの世界が堪能できます。
●レコード芸術推薦盤。英グラモフォン誌推薦盤。英クラシカル・ブリット・アウォード受賞。

マルタ・アルゲリッチ(p)/ショパン ピアノ協奏曲第1番 第2番

のだめのお気に入り

ネットリソクコロ?のだめカレー

■さまざまな菌が生息し、食べた人は寝込む、倒れる、七転八倒する恐怖のカレー。もちろんのだめ作。(Lesson88)


以下が、のだめカレーに生息する菌のリストです:
 
  P.クリンゲヌム(青カビ)
  C.トリコイデス(黒カビ)
  A.アルテルナータ(ススカビ)
  A.オリゼー(コウジカビ)
  C.パーフリンゲンス(ウェルシュ菌)
  B.サブチリス(枯葉菌)
  B.セレウス
  P.ベルガリ

食べた方々、よく生きていましたね…

のだめだけは、食べても何の問題もないようですが。

★カレーライス(注:参考画像です)★





千秋の世界

ユンロンの老婆餅

■ランチをおごってくれた千秋に、
せめてものお礼とユンロンがプレゼントした「老婆餅」(Lesson99)
ちなみに、ラオボービン、と読むのですが、
私はどうしても「ろうばもち」と言ってしまいます。

老婆餅とは、いったいどんなお菓子なんでしょうか?

老婆餅は、パイの皮に餡が包まれている素朴なお菓子です。

何とかばあさんが作って有名になった餅、
と勝手に想像していたんですが、違いました。

「老婆」というのは、中国語で「妻」という意味だそうです。

このお菓子の由来として、以下のような物語があります。


昔々、貧乏な夫婦がいました。
病気の親の薬代のため、
妻は自ら身売りをし、
男は餅売りを始めました。
その餅売りは大繁盛して、
数年後に奴隷になっていた妻を買い戻すことができ、
それから2人は幸せに暮らしたということです。


そうだったのか…

老婆餅って、なかなかつらいお菓子ですね。

この中国語のブログページで、老婆餅の写真が見られますよ。

老婆餅の作り方(中国語なのでさっぱりわかりませんが…)

タグ:老婆餅

のだめ第17巻名曲

ルー・マルレ・オーケストラのデビュー・コンサートで、父親を目にして「そこにいなくなってしまった」千秋が指揮していた曲は?

■ベートーヴェンの「交響曲第4番」(Lesson97)


カラヤンの4種ある全集のうちの3度目のものからの一枚。美しくもスケールの大きな第4番と、小規模で愛らしい第8番をカップリング。BPOの完璧なアンサンブルがもたらした、カラヤンの美学にあふれた逸品だ。
ベートーヴェン:交響曲第4番・第8番

のだめ第15巻名曲

ブノア家のシャトーで、「すごいドレス」を着たターニャがねっとりと演奏した、モーツアルトのピアノ曲は?

■ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310(Lesson87)


内外の雑誌等から高い評価を得た全集の中から、最もポピュラーな4曲をセレクションしたアルバム。ピアニシモからフォルテシモまで実に多様な表情をつむぎだす、内田の高い音楽性にどっぷりと浸かりたい1枚。耳を遠ざける。宗教曲やこの室内楽は素晴らしい音楽の宝庫。お薦めする。ここでは曲によって演奏者が上手すぎて,{弾けてしまっている}感があるが。陰影と深度が……。(「CDジャーナル」データベースより)
内田光子/モーツァルト:ピアノソナタ第8番&第11番&第14番&15番

のだめ第14巻名曲

テオにこき使われ、徹夜して疲れ果てた千秋。彼のもとを訪れた「ヤキトリオ」が演奏してくれた曲は?

プーランクの「ピアノとオーボエとバソンのための三重奏曲」(Lesson81)


プーランクはキリクチで語りやすい。しかしキリクチで聴く耳の貧しさがプーランクから耳を遠ざける。宗教曲やこの室内楽は素晴らしい音楽の宝庫。お薦めする。ここでは曲によって演奏者が上手すぎて,{弾けてしまっている}感があるが。陰影と深度が……。(「CDジャーナル」データベースより
 プーランク:室内楽全集 / メイユ/パユ/ルルー/ル・サージュ/他

のだめ第13巻名曲

のだめが、マジノ先生に「素敵ね!」etcと、ほめられてつけあがった曲は?

■ショパンの「ノクターン第8番作品27の2」


若い世代の人たちに「サンソン・フランソワ」という名前は歴史上の人物になってしまっただろうか。個性の追求が大切、なんて言葉がチープに思われるほど独自の音楽性を強烈に持ったこの人の音楽は、いつ聴いてもユニークでかつ豊かで、説得力が大きい。(「CDジャーナル」データベースより)
ショパン: ノクターン&プレリュード集 / サンソン・フランソワ(Pf)

のだめのお気に入り

博多名物「通りもん」

通りもんは、モンド・セレクション(1961年から始まった歴史ある品評会。世界各地の最上品質の物の更なる向上を目的としたコンテスト)7年連続受賞2007年最高位特別金賞を受賞したお菓子です。

オクレール先生の初レッスンで、のだめは先生にこの通りもんをプレゼントしています。(Lesson64)



しろ餡の中に生クリームとバターを使用したという和洋折衷の洋風おまんじゅうです。

ちなみに「通りもん」というのは、5月に行われる「博多どんたく」というお祭りで、どんたく衣装を身にまとい三味線、笛太鼓でお囃子する人達のことを言うそうです。


私は、九州に行った知人からこの通りもんをお土産にもらいました。おいしかったけど、土産菓子では、萩の月が一番ですね〜。通りもんは二番!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。